エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年06月05日

カテゴリ : せん断加工

第43回 金型構造のいろは(その7)分断型

 分断加工はある幅を持ったパンチで材料をせん断し、分離します。シート材やコイル材から、分断によってブランクを作ることもよく行われます。幅のあるパンチでせん断するので、分断した左右のバリ方向は揃います(切断でスクラップを出さずにせん断すると、左右のバリ方向は逆向きとなります)。また、曲げや成形加工品を2つに分断して製品を作る方法も多いです。

 このような目的に使用する分断型の構造を示したものが【図1】です。加工状態を現したものが【図2】です。

図1、図2

 分断加工を使うことで左右対称な製品を同時に作ったり、方向性のないもの(この例図の形のような形状)では2個取りとなり、生産性が高められます。

 違う見方として、成形加工の加工力のバランスをとるために、やむおえず左右対称の成形加工を行い、分断することもあります。

 例の図の形はシンプルですが、実際には複雑な成形加工品を分断することも多いです。このような加工では、ダイが製品形状に合わせて曲面となることも大変に多いです。

 分断加工では分断することで製品は2つに分かれますから、加工材料がパンチにつくことがないので、ストリッパが無くても問題となることが少ないのも特徴です。製品によっては分断した瞬間に、加工時の側方力によって左右に飛んでしまうこともあります。製品の回収が難しくなるばかりでなく、危険でもあるので注意が必要です。飛散防止の意味で、軽く簡単なストリッパで製品を押さえる構造とした方が安全でしょう。ストリッパの押さえが無くなれば、加工後の製品は2つに分かれて左右に簡単に移動しますから、製品の回収も容易に行うことができ、プレス作業性も比較的よいです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る