エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年07月10日

カテゴリ : 曲げ加工

第48回 金型構造のいろは(その12)U曲げ金型構造と名称

 U曲げ金型の構造を【図1】に示します。

図1

 標準的な設定事項を【図2】に示します。

図2

 【図1】に示した構造は、パッド曲げ構造と呼ばれることもあります。パッドとは図の中にあるノックアウトを指しています。ノックアウトのない、単にダイがU字形状に加工されただけの構造もあります。「自由曲げ構造」と呼びます(V曲げ構造と同じ形になります)。

 自由曲げ構造で製品を加工すると、【図3】に示すような変形が起きます。下死点で変形部分を圧縮して平らにする場合もあります。ノックアウトのある構造では、ノックアウトで材料を押さえ(これを逆押さえと呼ぶ)底部のふくらみが出ないようにします。これが逆押さえの目的です。しかし、押さえ力が弱いと変形力が勝って、底部がふくらんでしまうことがあります。変形具合をみて、ダイクッションの圧力を調節します。 図3

 ノックアウトのもう一つの役割は、ダイの中に入り込んだ製品を型から出す目的があります。この目的の部品名称がノックアウトです。材料押さえをイメージしたときにはパッドとなります。底部が広い面積の曲げ型ではパッド、小さな金型ではノックアウトと呼ぶことが多いように思います。

 V曲げ、L曲げでは加工後の製品はパンチにつくことがありませんが、U曲げでは時としてパンチに製品がついてしまうことがあります。付いてしまうとパンチから外すのが大変になります。パンチに製品が付くことが予想される時には、パンチから製品を外せる構造としなければなりません。方法としては、ダイ側に固定ストリッパを取り付け、パンチの戻り(加工後の上昇)工程で製品のフランジを引っかけて外す、またはパンチ内にキカーピン(払いピン)を組み込みパンチから外す、などの方法を考えます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る