エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年10月16日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第60回 金型構造のいろは(その24)絞り金型の構造:絞りトリミング型

 絞り加工では材料の異方性によって変形します。たとえば円形ブランクから円形絞りをすると、フランジは丸くならず四角に近い形になります。フランジの無い絞り形状では耳が発生して、縁は波打ちます。この様に、形状の崩れたものを切り直してきれいな形状にするのが「トリミング」です。

 【図1】は代表的なトリミングの金型構造です。逆配置構造を用いています。製品は内径を利用して位置決めをします。

図1

 パンチ、ダイ間のクリアランス及び刃先形状は、通常の抜き加工の条件をそのまま使います。

 上型ダイによってトリミングされ、製品は上型内に入ります。ダイ内の製品は上型が上昇し、上死点近くでノックアウトされ、ダイからエジェクトされます。【図1】でノックアウトは絞り底に当たります。フランジが大きな製品では、エジェクトするときにフランジを反らせてしまう恐れがあります。フランジが大きな製品では、ノックアウトを絞り径にあわせて逃がし、フランジ部分でエジェクトするようにします。

 【図2】はフランジの無い製品のトリミング方法の一つです。「ピンチトリム」と言います。ピンチトリムでは、ダイに製品のフランジRに近いRを付けます。パンチ刃先はエッジです。クリアランスはゼロクリアランス、またはそれに近い状態とします。製品をダイに押し込むようにしてトリミングします。基本的には外周に段はできません(クリアランスを付けた場合はクリアランス相当の段がでる)。製品の内側にはRが残ります。きれいな切り口としたいときにはカム等を利用して水平に切りますが、金型構造が複雑になります。

図2

 トリミングのスクラップはリング状になり、パンチ外周に残ります。そのままにすると金型から外すことができません。それを解決するのが、スクラップカッタです。V字形状をした部分がスクラップに当たります。次々の加工でスクラップは押し下げられますが、その時にV字形状でスクラップは切断され、パンチから外れるようになります。スクラップカッタは最低2個、製品形状が大きくなると数を増やしてスクラップを細かくして扱いやすい状態にします。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る