エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年10月30日

カテゴリ : 金型設計

第62回 曲げ加工のいろは(その2)カール曲げの展開

 カール曲げ形状は【図1】のようになります。展開計算では、3/4円を形成する部分(L1)と、残り部分(L2)に分けて計算して、L=L1+L2として展開長さを求めます。 図1

 L1部分の展開長さの求め方を【図2】で説明します。まず、中立面までの距離を求めます。中立面までの係数(y)を、カール半径(R)と材料板厚(t)から【表1】を使って求めます。係数(y)が求められたら、カール半径(R)と係数(y)、および板厚(t)から中立面半径(r)を求め、中立面半径(r)の3/4円の周長を求めます。(【図2】でL1=の式)中立面半径(r)の3/4円の周長を求めます(図2でL1=の式)。 図2

 次に、残り部分の長さ(L2)を求めます。【図3】に示した内容です。この部分は円弧とせず直線として、カール半径(R)から材料板厚を引いた寸法と簡易な形で求めます。円弧として求めたときとの差が小さいからです。この部分の計算で、2R-tとしている式があります。これは曲げのない直線部分まで含めた計算(【図4】参照)をしているものです。どちらの計算方法をとってもかまいません。基準位置が変わりますから、その点に注意が必要です。

図3、図4

【表1】yを求める表
R/t2.02.22.42.62.8以上
y0.440.460.480.490.5



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る