エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年11月20日

カテゴリ : 曲げ加工

第65回 曲げ加工のいろは(その5)曲げの注意形状(2):切り曲げ

 切り曲げは、特殊な曲げ方法といえます。【図1a】に示すように、抜き加工の切り込み(スリット)と曲げを一体化した加工方法です。抜きの面から見ても、鋭角な先端を持ったパンチで加工するので、破損しやすくなります。曲げも、桐ながら曲げていくために、曲げ部の材料の伸びが不自然になり、割れやすくなります。また、加工後の製品がダイについて取れにくくなったりします。 図1a

 その対策が【図1b】です。

図1b

 (イ)は、切り曲げ前に、根本に穴をあけることで、曲げの割れを対策できます。
 (ロ)は、切り込みパンチの弱さ対策と曲げ対策を兼ねています。穴を抜くことです。これが基本の形でした。簡易にしたのが切り曲げです。トラブル対策として戻すことも考えましょう。
 (ハ)は、型離れ対策です。切り曲げ部が直線であるために、曲げたものがダイに食い付いてしまいます。少しテーパーをつけることで対策できます。

 【図2】はランス曲げです。2辺を切り、図のように成形するものです。伸びの伴う両端が割れやすくなります。2辺のスリット(スリット、切り込みをランスと呼ぶこともある)と曲げの伸びの関係からです。
 対策は、2辺の長さを長く切り、曲げ部に大きなRか穏やかな勾配をつけて加工することです。また、高さを図2に示す程度以下にすることです。
図1



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る