エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年12月11日

カテゴリ : 曲げ加工

第68回 曲げ加工のいろは(その8)曲げ形状と加工(2)Z形状

 Z曲げ形状を【図1】に示します。Z形状は垂直部分の長さ(H)寸法によって加工方法が変化します。 図1

 【図2】は1工程での加工方法の種類を示しています。

図2

 (a)は、最も簡単な構造での加工方法です。H寸法が板厚の数倍程度と小さい時に使われます。
 (b)は、(a)とほぼ同様の使い方をします。材料押さえを利かせることで寸法変動を少なくできます。
 (c)は、前者よりもう少し段差の大きな形状まで対応することができます。V曲げを2つ組み合わせた構造です。
 これらの1回で加工するものは、【図1】に示すRの大きさと、H寸法に影響されます。また、曲げ線と材料の圧延方向の関係も大きく影響します。圧延方向と曲げ線が平行なときが最悪です。

 【図3】は、2工程曲げを示しています。

図3

 (a)は、L曲げを2回繰り返して加工する形です。2工程加工の基本パターンです。
 (b)は、変則V曲げを1工程目に採用して加工し、2工程目でL曲げをします。この加工では考え方が2つあります。ひとつは、『1曲げのV字形状の加工の時に、この部分の角度を決める』『2工程目で残り角度である曲げ部分の角度を決める』方法と、『1工程目はラフな曲げとして、2工程目で2個所の部分の角度を決める』方法です。
 単工程作業でのZ曲げ加工では、加工前の材料の位置決めが不安定になりやすく、寸法バラツキの原因となりやすいので、注意が必要です。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る