エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年01月08日

カテゴリ : 被加工材料

第71回 プレス機械と金型の関係(その1)ダイハイト

 ダイハイトは2つあります。プレス機械のダイハイトと金型のダイハイトです。

 ダイハイトは金型の取り付け高さに関する制約を示しています。プレス機械のダイハイトが主で、金型のダイハイトが従の関係になります。

 【図1】に示したものが、プレス機械のダイハイトです。

図1

 スライド調節ねじを上限まで上げ、スライドストロークを下死点まで下げた状態のときの、ボルスタプレート上面からスライド下面までの寸法が、プレス機械のダイハイトです。
 このプレス機械には、この寸法以上に高いダイハイトの金型を取り付けることができません。この高さ以下のダイハイトの金型であれば、スライド調節で調節が可能です。スライド調節量の範囲を超えて、低いダイハイトの金型では、金型下または上に高さ調節用のプレート(下駄、ヨウカン、並行ブロックなどと呼ばれる)等を入れ、金型を取り付けます。

 金型のダイハイトが変動すると、プレス機械の調節ねじを多く回さなければならなくなり、金型交換時間が多くかかるようになります。従って、できるだけ、同じプレス機械に取り付けて使用する金型のダイハイトは統一して、調節量を少なくすることがよいです。

 【図2】にプレス金型のダイハイトを示しました。

図2

 金型はパンチとダイがかみ合い加工が完了した、下死点の状態のダイホルダ下面からパンチホルダ上面までの高さを言います。ブランク抜き型のように、パンチがダイの中にいくらでも入ってしまう構造の金型では、パンチの入り込み深さを決め、そのときの高さを、その金型のダイハイトとします。

 プレス機械のダイハイトをシャットハイトと呼ぶ人がいますが、シャットハイトはダイハイトの時と同じ条件で、ベット面(ボルスタ面)からスライド下面までの寸法を言います。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る