エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年01月22日

カテゴリ : 被加工材料

第73回 プレス機械と金型の関係(その3)プレス機械の圧力能力

 プレス加工で、最も多く利用されているクランクプレスでは、プレス機械の能力を表すひとつに圧力能力(加圧能力)があります。圧力能力とは、プレス機械が安全に発生しうる最大圧力です。クランクプレスでは【表1】に示すように、スライドのストローク位置によって発生圧力が変化します。そのため、圧力能力は下死点上の決められた位置での圧力を示します。【表1】の例では、下死点上5mmの位置で980KN(980キロニュートン=100Ton)の圧力が得られることを示しています。 表

 プレス機械は、加圧力が働いても硬く変型しないものと思われがちですが、圧力能力の許容内であっても、【図1】に示すようにプレス機械のフレームやボルスタプレートは弾性変改します。圧力能力はフレーム等の変形があっても、圧力能力以内の荷重であれば安全を保証するものです。

図1

 圧力能力でいう加圧は、【図1】に示すようにボルスタプレート面積の定められた領域に、等分布に荷重が働くことを前提にしています。圧力能力の許容内であっても、狭い範囲に集中力を働かせることはよくありません。

 金型寿命の面から見ると、最大圧力能力で仕事をすると、プレス機械のフレームやボルスタプレートの変形の影響を受け、金型寿命を短くします。金型寿命を考えたときには、圧力能力に対してゆとりを持った形で仕事をすることが必要です。一般的には圧力能力の60〜70%位までの圧力で仕事をすることが、金型寿命に対してはよいとされています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る