エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年02月12日

カテゴリ : 被加工材料

第76回 プレス機械と金型の関係(その6)プレス機械のストローク長さ

 プレス機械のストローク長さは、仕事の内容によって使い分けられます。抜き加工では短く、10〜80mm位です。曲げや絞り加工では、製品の加工高さに注意して、ストローク長さを選ぶ必要があります。
 絞り加工の例で解説します。【図1】を参照して下さい。

図1

 絞り加工はダイ面からスタートして、下死点で終わります。加工完了した製品は絞りの底部がダイ面より上に来て、取り出しが可能になります。その上に多少ゆとりがないと作業がしにくくなります。したがって、手作業の加工では、ストローク長さは製品高さの2.5倍以上必要になります。自動加工するときには材料移動の時間が必要ですから、製品高さの3倍以上が安全なストローク長さと言えます。しかし、長すぎるストロークは作業能率を悪くするので考えものです。短いストロークでは、金型の中が見にくい、材料の挿入、取り出しが行いにくいことがあり、やはり作業能力を低下させます、と同時に危険でもあります。

 毎分ストローク数(spm)との関係では、spmとストローク長さは反比例の関係にあります。spmが大きくなるとスライドの慣性エネルギーも大きくなり、振動や騒音及び機械剛性に影響がでます。そのためストロークを短くして影響を避けるようにします。spmはストローク長さで限界が決まるともいえます。600spmを越える高速プレスでは、ストローク長さは10〜30mmくらいです。ストローク長さが200mmを越えてくると、spmは50以下が多くなると思われます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る