エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年02月26日

カテゴリ : 被加工材料

第78回 プレス機械と金型の関係(その8)材料送り装置とプレスストロークの関係

 【図1】は、プレス機械のストローク送りの関係を示した図です。

図1

 プレス機械のスライドは、上死点(0°)位置から下降を始め、下死点(180°)に達します。材料送りは、戻り工程の中間点(270°)位置から材料送りがスタートして、下降工程の中間点(90°)位置で送りを完了します(標準的なタイミング)。送り装置はこのような単純な動きだけではなく、もう少し複雑な動きをします。

 材料送りでは、多少の送り誤差が発生します。ブランク抜きのように1ストロークで仕事を完了するものであれば、この送り誤差は問題となりません。しかし、順送加工では、何回かのストロークを経て製品が完成します。このような加工では送り誤差は許されず、修正が必要になります。その役割が金型内のパイロットです。パイロットは材料にあけられたパイロット穴に入ることで、材料を微妙に動かし、送り誤差を修正します。このときに送り装置が材料を掴んでいると、パイロットは材料を動かし修正することはできません。
 送り装置はパイロットが動くタイミングに合わせて、材料を開放する必要があります。この動きを「材料リリース(またはリリーシング)」と呼びます。通常は、材料リリースは金型内の材料が持ち上げられた位置(材料リフト位置)に合わせます。材料リリースの終了(材料クランプ)は、スライドが下死点を通過した後です。

 材料送り装置の形は2つ代表的な形があります。ロールフィーダとグリッパフィーダです。

 【図2】はロールフィーダの原理を示しています。

図2

 上、下のロールから構成されています。ロールが送り長さ分の間欠回転をすることで材料を送ります。
 間欠回転させる手段としては、1方向クラッチ、様々なカム機構及びサーボモータ等です。
 下ロールは通常固定され、上ロールはスプリング等で下ロールに押さえつけられた状態にあります。材料リリースではてこ等を利用して上ロールを押し上げて行います。

 【図3】はグリッパーフィーダの原理を示しています。

図3

 2つのクランプがあります。送りクランプと固定クランプです。送りクランプは図からわかるように、開→戻り→閉→送りの運動を繰り返します。固定クランプは送りクランプが送り動作の時、開となり、その他は閉じています。そして、材料リリースの時は、送り、固定の両方のクランプが同時に、開き、閉じるの動作をします。
 グリッパーフィーダの運動は、エアーを利用してバルブで切り換えで動作させるもの、カム機構等のメカニカル機構で作られたものがあります。
 材料送り動作での材料のリリース位置は、材料のリフト量によって変化します。その変化に合わせて、リリースタイミングを調整する必要があります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る