エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年03月26日

カテゴリ : 金型設計

第82回 標準部品の使い方(その3)エアー穴付きリフターの使い方

 【図1】はエアー穴付きリフターを示しています。通常のリフターにエアーの通る穴をあけ、廻り止めを施した部品です。 図1

 【図2】(a)及び(b)は使用状態を示しています。

図2

 外部よりリフター部分にエアーを送り込むようにします。金型が下死点にあるときには、リフターは押し下げられますから、自動的にエアー穴はふさがれ、エアーはでません〔【図2】(a)〕。下死点から上型が上昇すると、エアー穴を通してエアーが吹き出され、切断分にされた製品をエアーで飛ばします〔【図2】(b)〕。このときは、ストリッパはまだ上昇途中にあります。吹き出されたエアーは、ダイとストリッパの間を流れます。そのために流れが安定して、製品の飛びも安定したものになります。

 上死点付近で吹く外部からのエアーブローは、エアーの流れが拡散して製品の飛びが安定しませんが、この欠点を回避できると共に、金型段取り時間の短縮にもなります。

 【図2】は、総抜き金型や上向き絞り金型のエアーブローとしての使い方を示したものです。リフターの名前が付いていることから、下型に使うものとのイメージがありますが、エアーノズルと考えた使い方です。製品の近くからエアーを吹きますから、製品の飛びが安定します。先にも述べましたが、プレス機械に製品飛ばし用のエアーノズルを別に段取りする必要がなくなり、段取り時間の短縮にもなります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る