エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年08月20日

カテゴリ : 金型設計

第101回 標準部品の使い方(その22)ストリッパガイド(1):ストリッパガイドの役割

 金型は【図1】に示すように、パンチ・ダイの関係をダイセットのガイドを用いて位置合わせして、適正なクリアランスを保つようにしています。

図1

 ダイセットはパンチとダイの関係付けと、金型をプレス機械へ取り付けることを容易にしているのです。ダイセットを使用しない時代に比べ、大変大きな変革を金型にもたらしました。図1に示す可動ストリッパ構造の金型では、ストリッパで材料を押さえ、変形しないようにして加工します。

 この金型構造は、比較的精密な形状を要する加工用途に使われることが多いようです。精密な加工では、加工形状が細かくなることが多く、パンチ形状も弱くなることからパンチを補強したくなります。補強のアイデアとして、【図2】に示すようにパンチの弱い先端をストリッパでガイドすれば破損しにくくなると、多くの人が考え実行しました。

図2

 しかし、【図1】の構造では、【図3】に示すような動きがストリッパにあり、ガイドしたパンチにかえってダメージを与えることとなりました。

図3

 本来のストリッパの機能は、パンチに付いた材料をはぎ取る役目ですから、多少変な動きがあっても問題ではなかったのですが、パンチの先端をガイドするためには、ストリッパは水平を保ち上下動のみをすることが必要となり、【図4】に示すようなストリッパガイドが、ストリッパとパンチプレートの間に入れられました。

図4

 上型と下型の関係はダイセットのガイドポスト・ブシュで保ち、ストリッパの挙動のみをストリッパガイドで規制することから、ストリッパガイドを「サブガイド」と呼んだりすることもあります。ストリッパガイドを使い出すと、従来に比べ金型寿命が延び、安定した加工が得られるようになり、さらにストリッパガイドを【図5】に示すように、ダイまで貫通させることで金型精度がよくなり、現在の精密加工用の金型構造の主流となったわけです。

図5



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る