エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年12月03日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第115回 絞り加工の現象・原因・対策(その6)絞りでの耳の発生

 絞り製品の加工では、【図1】に示すような縁の平らな製品をイメージしますが、実際には、【図2】に示すように凹凸ができます。この凹凸の高い部分を、耳と呼んでいます。普通は4カ所に耳が発生します。低い部分は材料の圧延方向の45°に位置する部分です。

図1、図2

 フランジのある絞り製品では【図3】の示すようにフランジは円形にならずに、四角に近い形状になります。柿の実の形に似ています。 図3

 耳の発生は、材料のr値が影響します。r値は材料の引っ張り試験片を引っ張り試験機で引っ張り、材料の伸びが20%になったときの、試験片の板厚と幅の比から求められるものです。ここで、試験片の取り方によって結果が変わります。材料の圧延方向と直角、平行及び45°の関係です。この方向性の違いが耳の発生となります。同じ材料でも方向によってひずみが変化することを面内異方性と呼んでいます。耳の大きい材料を異方性が大きいなどと呼ぶこともあります。r値は大きい方が深絞り性はよくなります。

 材料には異方性が必ずあるので、普通の絞りでは耳の発生の影響が必ずあると考えます。対策としては、縁をきれいに仕上げるためにトリミングをおこないます。また、工程数の多い絞りでは、耳の発生によって位置決めがやりにくいことがあります。このようなときには、中間工程でトリミングをして形状を整えることもおこないます。

 【図4】は、局部的に発生する耳です。これは異方性の影響ではなく、金型の異常であることが多いです。つまり、しわ押さえが均一でなく偏っているときに押さえが強い部分が伸びて耳となることがあります。金型以外では、ブランクのバリが部分的に大きくでているとき、そのバリ部が抵抗となって耳発生原因となることもあります。 図4



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る