エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2002年12月24日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第118回 絞り加工の現象・原因・対策(その9)絞りキズ

 絞り加工では、金型の摩耗で時間とともにキズが少しずつ成長するのは自然な姿です。しかし、自然とはいえないキズもあります。そのような内容について解説します。

 【図1】はたてキズです。絞りキズの代表的なものです。絞り加工時はダイと材料の間に加工油の油膜があり、材料とダイが直接接しないようになっています。この状態が破られると金属どうしが接することになり、ダイ面にかじりが発生します。これが、キズを発生させる原因です。かじりができると、どんどん成長します。キズはかじりの成長に比例して大きくなります。 図1

 かじりが発生する要因としては、『加工油が少ない。加工油が絞り加工の面圧に耐えられずに破れてしまう』などの油が原因するものと、『ダイ面が粗くきれいな油面が作れないことからくることが要因のもの。ダイ材質の対摩耗性が低い、およびダイ形状(Rが小さい、形が悪い)が要因のもの』などがあげられます。外部から異物(砂埃など)が入り込んで発生させることもあります。

 【図2】は打こんキズです。小さい点々キズがたくさんできるものです。このようなキズが発生するときには、たいてい、絞り加工している金型に金属の粉がたくさん見られることが多いです。これが打こんの原因となっています。多くの場合、ブランク加工のときの抜きバリが絞り加工をすることで、脱落してキズを作ります。または、ダイRが小さい等の原因で、材料の表面が剥離して金属の粉を発生させることもあります。 図2

 【図3】は肌荒れです。絞り加工のときに材料の移動がうまくいかないで、材料が伸ばされ表面が肌荒れするものです。このような状態のときには、表面の状態ばかりでなく、絞り径もマイナスしていることが多いです。原因としては、ダイのRが小さい。ダイの面が粗い。絞り速度が速すぎるなども考えららます。 図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る