エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年02月04日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第122回 バーリング加工(2)普通バーリング

 普通バーリング加工は、材料の板厚と同じ寸法でクリアランスを取り、加工するバーリングです。製品図に表されるバーリング寸法は、穴径(通常はパンチ径に相当する径)と高さが示されています。この寸法を元にして【図1】に示すような形に置き換えて、下穴の寸法を求めます。式はバーリング中心直径(dm)の面積から下穴径(d)を求めるものです。

図1

 バーリング加工は下穴を押し広げて、材料の伸びを利用してフランジを成形します。バーリングの縁は伸ばされて板厚減少します(【図2】参照)。一般的には、元の板厚の70%位まで薄くなります。バーリング加工は、材料の伸びが大きく影響する加工といえます。

図2

 製品図面では、形状としてほしい寸法が示されています。バーリング加工の詳細が考慮されて寸法が決められているとは限りません。したがって、製品図面の寸法から計算された数値でバーリング加工して、全て完全成形されるとは限りません。そこで確認が必要となります。確認方法は【図3】に示すように、バーリングパンチ径と下穴径との比で求めることができます。

図3


バーリングパンチ


バーリングパンチ
-ノーマル・
ラップ仕上げ-


スクラップレス
バーリングパンチ


バーリングパンチ
DLC処理
-ハーフメイド
先端Rタイプ-


バーリングパンチ
DLC処理
-ハーフメイド
先端テーパタイプ-



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る