エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年02月12日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第123回 バーリング加工(3)しごきバーリング

 しごきバーリングは板厚より小さいクリアランスを用いて加工します(【図1】参照)。普通バーリングではフランジ部の厚さが先端に行くほど薄くなりますが、クリアランスを小さくすることで材料は圧縮され、均一な厚さのフランジが作られます。クリアランスは、材料板厚の70〜60%位とすることが多いです。 図1

 同じ下穴でもしごき量(クリアランスの大きさ)でフランジの高さが当然のことですが変わります。また、パンチ先端形状によっても変わります。その違いを【図2】に示します。

図2

 テーパ形状から平底で肩半径が小さい方向に向かってフランジが高くなっています。これはテーパで滑らかに変化させるより、小さなRで急激に変化させる方がフランジが高くでることを示しています。ちなみに加工力は、平底で肩半径が小さいものが一番大きくなります。

 クリアランスが板厚の70%付近より大きくなると高さの変化が少なくなりますが、伸びの影響でボリュームが減少していることが影響しているためと思われます。

 しごきバーリングはフランジ部の板厚が薄くなりますが、内径、外形の精度を高めることができます。フランジの高さも高くできます。これを利用して【図3】に示すように、位置決めのだぼ(突き出された凸部)として利用したり、かしめ用のピンとして利用することなどができます。

図3

 タップ加工をする穴として、バーリング加工はよく使われています。タップ用のバーリングをしごきバーリング加工とすると、フランジが薄くなっているところにねじが加工されるため、バーリング部がさらに弱くなり、ねじ部の強度不足となることがありますから注意が必要です。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る