エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年02月25日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第125回 リブ加工

 リブは【図1】に示すように、曲げ部の曲げ線上に作られます。曲げ部にリブを作ることで、スプリングバックを押さえ、曲げ角度を安定させることができます。曲げ部分の強度をアップすることができます。どちらかまたは両方の目的から曲げ部にリブを付けます。 図1

 製品図面の中でリブの部分の寸法を示そうとすると、結構面倒です。そのために別規格で標準化しておき、リブ指定すれば標準で作成する方法や暗黙了解事項として決めている場合などがあります。曲げ部にリブが付いていればそれでいいといった感覚で使用されているケースが多いのかもしれません。

 しかし、リブの付け方が悪いと曲げ部の強度を落としたり(小さすぎるリブ)、曲げ部を変形させたりすることもあります(大きすぎるリブ)。リブ形状(大きさ)には幅がありますが、適当と思えるリブ寸法を【図2】に示します。蛇足ですが、リブは曲げと同時に加工します。曲げ後にリブを付けると曲げ角度を変化させてしまいます。

図2

 曲げ線が長いときには複数のリブを作ります。その際に注意することは、曲げ幅に対してリブ位置をバランスよく配置することです。【図3】は、曲げ線の中央にリブが無く偏っている形を示しています。このようにバランスの崩れた位置にリブを作ると、リブ成形の力のバランスが崩れて曲げフランジ部が傾いてしまします。 図3

 リブは地味な存在ですが、使い方、作り方にはポイントがあります。ご注意下さい。


バーリングパンチ&ダイ


絞りパンチ&ダイ


刻印パンチ


曲げ&面打ちパンチ&ダイ


刻印パンチ用シム


キャンバー修正部品・スクラップカッタ



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る