エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年04月01日

カテゴリ : 金型設計

第130回 抜き加工の問題点と対策(その3)細い抜き部の曲がり・ねじれ

 材料の板厚に近い幅を残す加工では、左右を同時に抜くことが金型強度の関係から難しいので、左右を交互に抜き加工するようになります。そうすると、【図1】に示すような形状にできあがることが多くなります。

図1

 抜き加工では、板厚方向にかかる抜き力と、横に押し出そうとする側方力及び曲げモーメントが働いています。
 抜き幅が広ければ、側方力は押さえ込まれ加工後の製品に影響は出てきません。細くなると耐えきれずに曲がり、図に示すような切り欠き形状では先端が開いてしまいます。
 また、抜き加工時の曲げモーメントの影響は、a−a断面と示したように、断面はねじれ、形状が変形します。
 このような問題の対策としては、抜き幅を板厚の2倍以上を目安に広くすることです。

 細い形状が必要な場合には、【図2】(a)に示したように、細い部分の根本にできるだけ大きなRを付けることです。さらに、細い抜き部の材料押さえを強くして加工することです。材料押さえを強くすると板厚減少を起こすことがあるので注意しましょう。
 (b)に示すように、細い部分の先端をつなげて加工し、その後に先端をカットする方法もあります。

図2

 このような形状の加工では、ひとつの対策だけでなく、いくつかを組み合わせると効果が高くなります。

 細い形状加工では左右同時加工が無理だと説明しましたが、特殊な金型構造になりますが、加工する方法はあります。クリアランスを部分的に変えることも対策となります。

 いろいろな方法を組み合わせて、このような形状の加工限界を高めて下さい。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る