エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年05月13日

カテゴリ : 金型設計

第135回 曲げ加工の問題点と対策(その2)U曲げのストリッピング変形

 U曲げ加工は、製品がパンチを両側から挟み込むように曲げられます。通常はスプリングバックがありますから、製品は比較的簡単にパンチから外れます。そのためパンチから製品外しの機能を持たない金型も多くあります。

 ところが、【図1】に示すような曲げ半径部分を圧縮してスプリングバック対策をすることも多くあります。このようなときに、圧縮部分で製品がパンチに食いつく。フランジがパンチ側に倒れ強く接触する。こととなり、製品がパンチから離れるときに図に示すような形に変形してしまうことがあります。

図1

 また、【図2】に示すようなパンチからの製品外し方法では、ウエッブ中央をエジェクターピンで押すことで、ウエッブが反ってしまい変形することがあります。エジェクターピンの使い方は【図3】に示すような形にします。できるだけ曲げ線に近い部分を押すようにするのです。こうすることで、ウエッブの変形を押さえ、きれいな状態で製品を金型より取り出すことができます。

図2、図3

 【図4】はストリッパを使った外し方です。
 (a)は固定ストリッパの形です。材料を金型に入れやすくするため、固定ストリッパは高くして空間を広げるようにします。パンチの長さとのバランスに注意が必要です。
 (b)は可動ストリッパの例です。ストリッパにキラーピンを付け、曲げに先行してストリッパをキラーピンで押上げ曲げ加工するようにしたものです。例図ではキラーピンをストリッパに取り付けたものを示しましたが、ダイに取り付ける方法でも結果は同じです。スプリングは曲げフランジ高さの2倍以上、たわむ必要があります。スプリング長さの設計がポイントとなります。

図4

 左右のフランジ高さが同じ形状で例を示しました。左右の高さが異なる製品では、左右差に合わせてストリッパも段差を付け、左右バランスよく外すようにします。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る