エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年05月27日

カテゴリ : 金型設計

第137回 曲げ加工の問題点と対策(その4)U曲げで左右のフランジがバラツク

 U曲げ加工では、【図1】に示すような変動がでやすいです。

図1

 (a)は、左右のフランジが同じ高さとならずに段差ができる現象です。
 (b)は、フランジがねじれる現象です。
 (c)は、フランジの曲げ角度が、開いたり閉じたりする現象です。
 これらの原因と対策を考えます。

 【図2】を参照して下さい。

図2

 段差やねじれはブランクの位置決めが原因となることが多くあります。まず位置決めの点検が必要です。曲げがはじまると位置決めからブランクが離れてしまい、その後に変動が起きることがあります。材料押さえをしっかりと、しかも均一にすることが必要です。

 【図3】は、フランジを圧縮して、左右のフランジを均一にする積極的な方法です。

図3

 1度の曲げで行うことは難しいので、通常は曲げ後に修正します。フランジの曲げ高さと、板厚の比が小さなものに適します。比が大きくなると、フランジが途中で座くつをおこしてうまくいきません。フランジの曲げ角度が、開いたり閉じたりするのは、左右の曲げクリアランスが不均一なときに起きます。最初にチェックしましょう。左右のダイ肩半径や面粗さが不均一なときも同様です。材料の板厚変動にも注意しましょう。

 以上に異常がないときには、曲げのスプリングバック対策が必要になります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る