エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年07月15日

カテゴリ : 曲げ加工

第144回 曲げ加工の工夫(その1)カムの利用

 曲げを横から加工するには、すぐにカムが連想されます。その代表的な形が、【図1】に示すタイプのものです。
 上下運動するカムドライバーがカムスライダーを動かします。カムスライダーがパンチとなります。カムスライダーとカムドライバーは斜面で接しています。カムドライバーの押し量に比例して、パンチ(カムスライダー)は前進します。強力な曲げ力を作り出すことができます。

図1

 【図2】は可動量を一定することができるカムです。
 カムスライダーの動きが変動しても、パンチの動きは一定の動きをします。欠点は、斜面の接触面積が小さいので加圧力があまり出せないことがあります。無理をするとカムの接触斜面の摩耗が早くなります。

図2

 【図3】は【図2】のカムの違った使い方を示しています。
 【図3】のような曲げ形状では、曲げ後に型から製品を取り出すことに苦労します。カムドライバーでカムスライダー(ダイ)をスライドさせることで製品の取り出しを容易にすることができます。このようなときに一定の動きをする、このカム機構は重宝なのです。

図3

 この2つのカム機構は代表的なものです。いろいろな応用を考えて下さい。

 カムについては「第50回 金型構造のいろは(その14)カム式曲げ金型構造とその名称」も参考にして下さい。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る