エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年09月09日

カテゴリ : 金型設計

第151回 曲げ加工の工夫(その8)曲げ後の変形防止対策

 L曲げなどの押さえ曲げの加工では、曲げ後にダイから製品が離れるときに変形が起こることがあります。【図1】で説明します。

図1

 加工される材料は、ストリッパで押さえられて加工されます。このときに、加工された製品がダイに食いついてしまう対策として、ノックアウトで外すように設計することが多いですが、まだ、ストリッパで材料を押さえているうちにノックアウトが働いて、曲げた製品を押上て変形させてしまうものです。
 これは、金型設計を下死点の状態で作図しているときに起きるミスです。戻り行程への配慮が欠けたためのものです。
 ノックアウトの動作タイミングを遅らせる工夫が必要だったのですが、それが配慮されていなかったことが原因です。対策の例を示します。

 【図2】はパンチのバックアップヒールを利用して、ノックアウトを先下げしてタイミングを遅らせる方法です。よけいな部品が必要なくシンプルな方法ですが、ヒール高さプラスパンチのダイへの入り込み量が、ノックアウトの可動量となるため、曲げ高さが低いときに有効な方法です。

図2

 【図3】は、リフターピンを利用した先下げの方法です。順送り加工では、曲げ高さ以上に材料を持ち上げておく必要があります。その高さをノックアウトの先下げに利用したものです。

図3

 【図3】(a)はリフターで材料を持ち上げているときの状態です。
 上型が下降してストリッパが材料を下げると、ノックアウトも押し下げられて行きます(【図3】(b))。【図2】(b)と比較して、ノックアウトの下げ量が小さくなっていることが分かります。
 【図3】(c)は、ストリッパの戻りに併せてノックアウトが上昇し、干渉することなく、ダイから曲げ後の製品を外した状態を示しています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る