エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年09月30日

カテゴリ : 金型設計

第153回 曲げ加工の工夫(その10)2段曲げ加工

 ハット曲げのような形状を1工程で加工すると、加工後の製品が金型についてしまって取れなくなることがあります。そのために2工程で加工することが多いのですが、少し工夫すると1工程化が可能な場合があります。

 【図1】〜【図3】は、ハット曲げの高さ方向の時間差を工夫した金型を示しています。

 【図1】で構造を説明すると、ブランクの乗った1曲げダイがあり、その内側に2工程目の2曲げダイが配置されています。パンチは、1曲げ、2曲げに対応した複合パンチになっています。パンチ内にはノックアウトがセットされています。加工後にパンチに付いた製品は、このノックアウトで製品を排出します。

図1

 【図2】は、1曲げ(両端のL曲げ)が終わったところです。さらに下降して、2曲げダイまで下げ、2曲げ加工が完了した状態を示しているものが【図3】です。

図2、図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る