エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年10月28日

カテゴリ : 金型材料

第157回 金型用鋼材のいろは(その4)金型に使われる鋼材(焼き入れしない材料)

 金型を構成する材料で、主に構造を作る材料です。

(1)一般構造用圧延鋼材(SS材)

 生材としては最も多く金型に使用されている材料です。多く使われている種類はSS400です。一般的にはSS材と呼ばれています。
 SS400の数字は引張強さを表しています。SS400は400〜510N/mm2の強さを持っています。
 この材料は粘りけのある軟らかい材料なので、ドリルなどによる穴加工では切削チップ(切り粉)がつながって長い螺旋状になり、処理しにくいとの意見もあります。

(2)機械構造用炭素鋼材(SC材)

 SS材と同様な使い方をします。SC材にはS10C〜S58Cまであります。数字は材料に含まれる炭素(C)の量を現しています。0.08〜0.61%の炭素量です。炭素量が0.61%をこえると炭素工具鋼(SK材)となります。
 この材料のおもしろいところは、機械的性質が示されていないことです。参考値程度しかありません。その理由は、JISで示されている引張強さは、直径が25mm2の材料でテストしたものが示されています。大きな構造物になったときに条件が変わることに対する配慮です。
 以前は規格の中のいろいろなものが使われていました。たとえば、S35C、S45C及びS50C、S55Cなどです。現在ではプレートの標準化などによって、S50CまたはS55Cのどちらかを使用することと統一されています。数値の高いものが残ったのは、炭素量が多い方が強いことが反映されたものと思われます。
 機械での加工性については、SS材のように切削チップが大きくならないので、スクラップ処理がしやすいので使いやすいと見られています。これは炭素量の違いといえます。SS材では炭素量の指定がないのです(非常に少ない)。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る