エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年11月11日

カテゴリ : 金型材料

第159回 金型用鋼材のいろは(その6)金型に使われる鋼材(高速度工具鋼)

 高速度工具鋼は「ハイス」と略して呼ばれます。材料記号はSKHです。
 ハイスは、タングステン(W)系とモリブデン(Mo)系があります。
 JISでは、JISG4403にまとめられています。

 タングステン系には、おおよそ18%前後のタングステンが添加されています。モリブデンは含んでいません。種類としては、SKH2、SKH3、SKH4及びSKH10があります。このシリーズは耐摩耗性が大きいので、切削工具等に多く使われています。
 モリブデン系は、おおよそ5%前後のモリブデンと、6%前後のタングステンが添加されています。種類としてはSKH51〜SKH59までの9種類があります。
 このシリーズはじん性が高いことから、衝撃を受けるプレス金型に適しています。よく使われているのはSKH51(旧名SKH9)です。

 ハイス材は、焼き入れ硬度が63HRC以上入ります。ダイス鋼のSKD11は焼き入れ硬度が62HRC程度です。ダイス鋼で、耐摩耗性やじん性に不満がある小径のパンチ等に、ハイスは使われることが多いです。

■粉末ハイス

 ハイスは普通の工具鋼の作り方と同じように、溶けたものを固め作ります。
 粉末ハイスは、溶けたものを一度微粉末にして、その粉末を固め、均一で微細な組織を作ります。このようにすることで、耐摩耗性、じん性及び耐疲労性が向上します。64〜70HRC程度の焼き入れ硬さが得られます。
 ハイス材で不満があるときに使用されることが多いです。粉末ハイスはJISではSKH40(モリブデン系)があります。多くはメーカーが開発したものが使われています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る