エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年12月09日

カテゴリ : 金型材料

第163回 金型用鋼材のいろは(その10)金型主要部品の材質(2)

 【図1】および【図2】は鋳造一体構造の金型です。鋳造構造は大きな形状を1体で作れるので、鋼板で製作するのに比べ容易に作ることができます。

図1

図2

 鋳物材質としては、少量生産で被加工材が薄板のときには、抜き、曲げ及び絞りのどの内容でも、ねずみ鋳鉄のFC250またはFC300あたりがよく使われます。金型部品としては、パンチ、ダイおよびパッド等の全てに使われています。

 被加工材の板厚が厚くなる。生産量が増える。強度的な心配がある。などの懸念が生じたときには、球状黒鉛鋳鉄のFCD600程度のものが使われるようになります。

 鋳鋼は、抜き型では切れ刃部にSC450などを肉盛り溶接して使用します。量産用の絞りや成形型では、SC450などを火炎焼き入れ(フレームハード)処理して使用します。トリム型などで鋳物(ねずみ鋳鉄、球状黒鉛鋳鉄)では不安を感じるときに、SC450などをそのまま使ったりします。

参考文献:『図解プレス金型設計法』(太田哲/著)



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る