エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2003年12月16日

カテゴリ : せん断加工

第164回 プレス加工力(その1)抜き加工力

 プレス抜き加工(せん断加工)に必要な加工力を知ることは、プレス機械の選定や金型設計のためにも欠かせません。

 せん断加工力(P)は、次の式で求められます。

■式1
 P=L・t・S
     P:せん断加工力(Kgf)
     L:加工周長(mm)
     t:板厚(mm)
     S:せん断抵抗(Kgf/mm2

 しかし、せん断抵抗(S)を知ることが難しいときには、材料の引張強さ(Ts)の80%として代用することが行われています。式が次のように変わります。

■式2
 P=K・L・t・Ts
     P:せん断加工力(Kgf)
     K:係数=0.8
     L:加工周長(Kgf)
     t:板厚(mm)
     Ts:引張強さ(Kgf/mm2

 【図1】を例にしますと、せん断力は次のようになります。このときSPCCの引張強さを30Kgf/mm2として計算します。

P=0.8×π×40×1×30=3014.4(Kgf)

図1

 せん断力の軽減方法として、【図2】に示すようなシャー角を付ける方法があります。シャー角はブランク抜き加工ではダイに、穴抜き加工ではパンチにシャー角を取ります。
 シャー角は、H寸法で板厚程度以上に取ることが多いです。ちなみに、シャー角のH寸法を板厚程度に取ったときには、おおよそ30%程度まで加工力を軽減できます。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る