エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年01月06日

カテゴリ : 曲げ加工

第166回 プレス加工力(その3)曲げ加工力

 ここで示す曲げの加工力は、自由曲げの加工力です。曲げ加工では、形状を安定させるために下死点で底突きすることをよく行いますが、底突き加工は突き量によって非常に大きな力を必要とします。その大きさは、自由曲げ加工力の5〜10倍くらいになると考えられます。

(1)V曲げの加工力(【図1】参照)

図1

 V曲げの加工力は次の式で表されます。

 
  P:曲げ加工力(Kgf)
  C1:係数
  B:曲げ線長さ(mm)
  t:板厚(mm)
  Ts:引張強さ(Kgf/mm2

 係数(C1)は、ダイ肩幅(L)が材料板厚の8倍の時1.33です。ダイ肩幅が板厚の5倍程度で1.5、板厚の16倍程度で1.2程度です。

(2)L曲げの加工力(【図2】参照)

図2

 L曲げの加工力は次の式で表されます。

 P=C/3・B・t・Ts(Kgf)
  P:曲げ加工力(Kgf)
  C:係数…1.0〜2.0の範囲
   (パンチRやダイRが小さいときには大きめの数値を選ぶ)
  B:曲げ線長さ(mm)
  t:板厚(mm)
  Ts:引張強さ(Kgf/mm2

 この形は押さえ曲げの加工力の基本と考えます。
 【図3】に示すようなU曲げでは、曲げ線(B)が2箇所あるので、上記の式の曲げ線(B)の長さを2倍として計算します。
図3

 このように、同時曲げで数カ所曲げるときには、曲げ線の合計長さをBとして扱います。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る