エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年02月10日

カテゴリ : せん断加工

第171回 打ち抜き型の設計(その4)フリーシャンクの設計とガイドポスト長さ

 フリーシャンク(【図1】参照)は、シャンクホルダとシャンクヘッドの2部品から成り立っています。シャンクホルダをプレス機械のスライドに取り付け、シャンクヘッドを金型に取り付けます。シャンクホルダの溝に、シャンクヘッドの上部を引っかけるようにして取り付けます。
 このシャンクはパンチホルダに押し力を伝えることと、パンチホルダを引き上げる動きをします。2つのホルダの関係は、相当大きな遊びを持っています。
 そのため、上型と下型は、常にガイドポストとガイドブッシュによって、関係が保たれていなければなりません。

図1

 【図1】(A)は、金型が上死点にあるときのポストとブシュの関係を示しています。
 【図1】(B)は、下死点にあるときのポストとブシュの関係を示しています。
 このとき、ポストの上端がスライドの下面に当たらないようにします。
 パンチ、ダイを再研磨するとダイハイトが低くなり、ポスト上端とスライド下面のすきまが小さくなります。再研磨を繰り返して金型が寿命に近づいたときでも、この間にすきまがあり、当たらないように設計します。

 フリーシャンクを使うねらいは2つあります。
 1つは、パンチ、ダイの関係をガイドポスト・ブシュで保ち、プレス機械の影響なく加工できるように考えるとき。もう一点は、金型の段取りを簡単にしたいときです。
 ポストとシャンクの関係について関連として説明します。【図2】を参照して下さい。

図2

 ダイセットを用いた金型では、ポスト長さに注意します。
 通常は【図2】(C)に示すように、下死点状態で、ポスト上端がパンチホルダ上面より下になるようにします(再研磨をしてダイハイトが低くなっても)。
 何かの都合で、【図2】(D)のように、パンチホルダ上面よりポスト上端が飛び出すようなときに、フランジシャンクを使い、スライド下面とポストの関係sを保つようにします。
 ポスト上端とスライド下面がぶつかると、大変大きな事故となります。十分注意を払い設計します。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る