エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年03月19日

カテゴリ : せん断加工

第175回 打ち抜き型の設計(その8)固定ストリッパの設計(2)

 前回、固定ストリッパの必要機能は【図1】に示すような内容ですと説明しました。
 この形は、固定ストリッパの基本的なかたちで、【図1】(a)に示すような、一定の材料幅に対して、1列でブランクを抜いていくかたちを想定しています。

図1

 それに対して、【図2】(b)のような幅広の材料から2列で取りたいような場合があります。このようなとき、【図2】(c)に示すように、片持ち式のかたちにすることもあります。
 強度的には弱くなりますが、加工している部分が見えるので、作業がしやすくなる利点があります。
 固定ストリッパの欠点は加工している部分が、ふたをされたかたちとなるので見えないことで、作業者から不安を感じると指摘されることもあります。

図2

 この欠点をカバーするために、【図3】に示すように、不要な部分を取り除いて中が見えるように工夫することもあります。
 比較的小さな固定ストリッパでは、一体ものから削りだして作ってもそれほど負担ではありません。

図3

 しかし、大きくなると削り出しが大変となります。このようなときには【図4】に示すように、ストリッパ機能部分と、材料が通過する空間を作り出す部分を別部品にわけて、固定ストリッパを作ることがあります。
 金型を構成する部品点数は多くなりますが、部品加工が楽になります。

図4

 一体で作るか、分割式で作るかの判断は、加工が楽にできるかとコストなどの内容を考えて決めます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る