エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年04月02日

カテゴリ : せん断加工

第178回 打ち抜き型の設計(その11)打ち抜き型のダイホルダの設計

 【図1】が標準的な打ち抜き(ブランク抜き)型の構造です。ダイホルダは打ち抜き型の下型を支える役割と、下型を固定するためのクランプ部分となります。

図1

 下型には、【図2】に示すような抜き力が働きます。必然的に全体が反り返ろうとします。この反りは無くすことはできませんが、極力小さな状態が望ましいです。ダイプレートだけで反りの無いようにすることは、高価な材料を多く使うことになりますから、無駄が多くなります。ダイプレートは必要最小限の厚さとして、ダイホルダでバックアップすることで、反りを小さなものにするようにします。 図2

 ダイホルダは下型を固定するための部分でもあります。その方法を示したものが【図3】です。  (a)はクランプで固定する方法です。この方法ではクランプ高さ(厚さ)を統一するようにすると、金型段取りが楽になります。
 (b)はU溝で固定する方法です。プレス機械のU溝位置と合わせる制約が生じます。U溝の深さはボルト径の2〜3倍です。

図3

 ダイホルダには製品の落とし穴も必要です。落とし穴は、丸や四角のシンプルな形状が加工しやすく望ましいのですが、【図4】(a)に示すような凸部のある形状では、シンプルな四角形状にすると凸部が破損しやすくなることがあります(【図4】(b)で「ダメ」とした形状)。【図4】(b)で「良い」と下形状のようにダイホルダにも凸部を作り、バックアップするようにします。

図4



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る