エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年05月28日

カテゴリ : せん断加工

第184回 穴抜き型の設計(その4)穴抜き型のネストの設計

 通常、穴抜き型ではブランクを位置決めして動かないようにして加工します。
 この位置決め部品を「ネスト」と呼びます。ネストは「位置決め」「定木」「案内」「ガイド」などの呼び方があります。

 【図1】は板を用いたネストです。板ガイドなどと呼ばれることもあります。

図1

 (a)は1体式のネストです。通常はこの形が多いと思います。(b)は分割式のネストです。大きな製品のときによく使われます。
 ネストは4本以上のねじで止められ、2本のダウエルピン(ノックピン)で位置決めします。  固定方法は分割式のネストでも同様ですが、ネストが小さくなると、ねじとダウエルピンの関係が難しくなることがあります。
 このようなときの最低限の取り付け方法は、1本のねじに対して2本のダウエルピンで止め、固定と位置決めをします。

 【図2】はピンを用いたネストです。板を用いたときには、ストリッパプレートの逃がしが多くなる欠点があります。
 ピンにすることでストリッパの逃がしが軽減できるとともに、金型構造もシンプルにすることができます。
 ピンによる位置決めは、点接触となるため板ガイドに比べ、多少位置決め精度は落ちるようです。
図2

 【図3】はネストの形状設計についての考え方です。

図3

 製品形状に忠実にネストを作るのはよくありません。位置決め精度、プレス作業性もよくありません。
 製品形状の要点を押さえ、角や細かな形状部分を逃がしたネストとします。
 更に、一定方向にしか入らないように、フールプルーフ(ポカよけ)を施しておきます。
 また、ブランクを入れやすくしたり、加工後の製品を取り出しやすくする逃がしをつけることも忘れないようにします。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る