エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年06月04日

カテゴリ : せん断加工

第185回 穴抜き型の設計(その5)穴抜き型の可動ストリッパの設計

 【図1】に示す穴抜き型では、ブランクをダイの上に置き穴加工をします。
 製品(ブランク)の平面度を保ちたいと考えるときには、ブランクを押さえながら加工することを誰しもが思いつきます。この発想で作られたものが、ここに示す金型構造です。可動ストリッパ構造と呼びます。
 パンチから材料を剥ぎ取る役割のストリッパは常にダイの上にあり、パンチがストリッパの中を通過しますから、ブランクを押さえるには、打って付けなわけです。
 ストリッパを可動させるために、ストリッパはストリッパボルトで一定の位置に保持するようにします。保持位置は、ストリッパ面がパンチの先端より1mm程度下がった位のところが多いようです。
 ストリッパが材料を押さえる強さは、スプリングで行います。ストリッパの後ろにスプリングを組み込みます。このときにスプリングは少し圧縮しておきます。この圧縮して生じるスプリングの強さを「初期圧」と呼びます。初期圧は穴抜き力の15%以上とします(パンチから材料を剥ぎ取るだけでよければ、抜き力の3%以上あれがよい)。まず、ある一定の加圧力で材料を押さえ、穴抜き加工に伴う変形が起きないようにします。これが、初期圧の役目です。
図1

 【図2】を見て下さい。ブランクの位置決めを板のネストとした場合、ネスト形状に合わせて、ストリッパ面を凸に削り出さなければなりません。
 形状加工はエンドミルを使うことが多いと思います。加工が容易になるようにストリッパの凸形状やネスト形状を設計します。
 ストリッパの凸部加工によって凸外周のフランジと呼べる部分は薄くなります。あまりに薄くなるとストリッパ強度に影響が出ます。バランスを考えて厚みを決めましょう。
 【図2】(C)で逃がしと示した部分は、金型の前にくる部分です。逃がしをつけることで作業時の安全と安心を作ります。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る