エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年06月04日

カテゴリ : せん断加工

第186回 穴抜き型の設計(その6)穴抜きパンチのストリッパガイド

 穴抜き加工では、製品の平面度を確保するねらいから可動ストリッパを採用することが多く、穴抜きというと、可動ストリッパ構造といったイメージも定着しています。
 穴抜き加工で穴径が小さくなると、パンチも弱くなりダイとの関係を保つことが難しくなります。
 可動ストリッパ構造では【図1】に示すように、常にパンチの先端はストリッパプレートの中にあるので、パンチの通る穴を小さくしておけば、パンチの振れを押さえることができ、パンチとダイの関係を安定したものにすることができます。このようにすることを「パンチをストリッパガイドする(以下、略してストリッパガイドとする)」といいます。
 普通の可動ストリッパ構造(【図1】)の金型でストリッパガイドすると、ストリッパプレートの挙動がパンチに反映されることになります。つまり、ストリッパプレートの水平動や傾きによるパンチへの影響です。

図1

 ストリッパプレートの動きを規制するために、【図2】に示すように、インナーガイド(ストリッパガイドピン)を設けることを行います。

図2

 インナーガイドの設計はインナーガイドの径(d)とストリッパプレートの厚さ(T1)の関係を考えて設計します。最小値はd=T1です。これ以下の関係となると、傾きに対して弱くなります。
 ストリッパプレートはネストとの関係から、ストリッパプレートに段差をつけることがよくあります。このことから、インナーガイドとストリッパプレートの、径と厚さの関係が崩れることがあるので注意しましょう。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る