エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年07月02日

カテゴリ : せん断加工

第190回 穴抜き型の設計(その10)穴抜き型のダイセットの設計

 穴抜き型に用いるダイセットについて説明します。

 ダイセットで注意が必要な部分を【図1】に示しました。

図1

 大きさ(面積)に付いては、ダイプレートのサイズ等に合わせて、標準ダイセットを選ぶのが普通です。
 自作するときには、プレートサイズにガイドポスト取付の面積を追加した大きさとなります。金型の重量を減らすために、不要な部分を削ることを行います。外周は特に問題がなければ、溶断のままでもよいです。
 パンチホルダーの厚さ(T)とダイホルダーの厚さ(T1)は、プレートの大きさから判断して決めます。30mm位が下限でしょうか。
 パンチホルダーでは、スプリングとの関係もありますので注意して下さい。
 ガイドポスト長さとダイハイトの関係(【図1】でXで示した部分)に注意して下さい。再研磨でダイハイトが低くなる構造では特に。

 【図2】はダイホルダーのかす落としの穴を示しています。複数の穴をまとめて処理するようにします。
 ダイホルダーの加工を容易にする。かす詰まりを防ぐことがねらいです。いくつかかす落としの穴があるときには、できるだけ同一工具(エンドミル等)で加工できるようにします。
 ダイプレートの強度を考慮して、大きすぎるかす落とし穴とならないように注意します。

図2

 【図3】に示すような凸部のある穴では、【図3】(a)のようにすると凸部が破損しやすくなってしまうことがあります。面倒でも【図3】(b)のように凸部下を受けるように、かす落とし穴を設計します。受ける凸部が細くなってもかまいません。

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る