エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2004年07月09日

カテゴリ : せん断加工

第191回 穴抜き型の設計(その11)多数穴のある穴抜き型の設計

 【図1】に示すような穴数の多い製品では、1回で加工すると金型破損等の問題が発生する場合があります。このようなときに、穴加工を分けて加工しますが、その際の注意事項を説明します。

図1

 穴加工を分けるときには、

1. 共通するものをまとめる(形状、精度等)。
2. 金型の強度(破損)を考えてまとめる(近接等)。
3. 穴加工に伴う変形を考慮してまとめる(加工順)。

 具体的には、関係位置精度を必要とする穴は、同じグループとして加工します。
 グループを分けると、関係精度がバラツクきます。
 類似した形状で分ける。丸穴どうし、角穴どうしに分ける用にします。金型を作りやすくするためです。
 外形に近接した穴では、穴加工で外形が変形したりします。大きな穴と小さな穴が近接している穴を同時に加工すると、大きな穴の振動等の影響で、小さな穴にバリが出やすくなる等の問題があります。
 何回かに分けて穴を加工するときには、精度を必要とする穴や変形を嫌う穴は後工程で加工します。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る