エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年01月07日

カテゴリ : 金型設計

第196回 総抜き型の設計(その5)総抜きパンチの設計

 総抜き加工では、製品形状(【図1】)と、総抜きパンチ(【図2】)形状は、見た目では同じような形となります。
 パンチの輪郭形状は外形抜きのパンチとなります。製品の輪郭寸法に対して、パンチの輪郭形状はクリアランス分小さく作ります。
 パンチの中にある穴は、穴抜きダイです。製品の穴寸法に対してクリアランス分大きく作ります。かす落とし穴に関する注意は穴抜き加工に準じます。
 かす詰まりが起きると、すぐに破損につながりますからダイ刃先の長さは短めにしておきます。近接した穴では途中から複数の穴を一つの大きなかす落とし穴にして、かす詰まりしにくい構造を工夫します。

図1、図2

 小さな形状ではかす落とし穴を広げていくと、側壁の肉が薄くなり破損しやすくなるので、【図3】に示すような段付き形状にして対策します。異形状のパンチでは、切り上げ加工や逆放電加工で作ることもあります。この辺の考え方はパンチの設計に準じて判断します。 図3

 総抜きパンチの固定法としては、大きな形状であればパンチの中にタップを加工してねじ止めします。
 ワイヤー放電加工でストレートに加工したときには、側壁に研削で溝加工して、その溝を利用してキー止めしたり、輪郭形状の一部を大きくワイヤー加工しておき、その部分を後で、研削してフランジを作ることもします。パンチの固定方法については、ブランク抜きパンチの固定方法に準じます。
 パンチの材質は、SDK11を60HRC程度に熱処理して使うのが一般的です。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る