エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年02月18日

カテゴリ : 金型設計

第202回 抜き落とし順送り金型の設計(その1)特徴の説明とレイアウト

 【図1】のような製品を、抜き落とし順送りで加工しようとします。そのときのレイアウトが【図2】に示したようになります。 図1

図2

 レイアウトの考え方は、製品を穴抜きと外形抜きに分けて考えます。加工手順としては「穴抜き→外形抜き」とならなければなりません。
 【図】のレイアウトでは、穴抜きを2工程で行うようにしています。1工程に多く詰め込んで金型が構造的に弱くならなければ1工程がよいです。
 レイアウトのベースとなるのは外形抜きです。材料歩留まりを考えてブランク配列を決めます。これをブランクレイアウトと呼びます。
 さん幅の決め方はブランク抜きの考えと同じですが、ブランク抜きより多少大きく取ります。

 ブランクレイアウトされたものに、穴抜きを付加したものが抜き落とし順送りのストリップレイアウトです。移動距離と示したものが、送り長さまたは送りピッチと呼ばれるものです。この送り長さは、整数または0.5mm止まり程度のきりのよい寸法にしておくことが、プレス作業の際に送り装置の送り長さを調節するときに作業しやすいです。
 このレイアウトで加工された製品のバリ方向は、穴と外形で逆になります。バリ方向が同じでなければいけない製品には適しません。また、ブランク抜き同様に抜き反りが発生します。穴が加工されている分、反りも大きくなる傾向にあります。平坦度を必要とする製品にも適しません。

 この工法は、順送り加工の入門としてマスターしなければいけないものです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る