エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年03月18日

カテゴリ : 金型設計

第206回 抜き落とし順送り金型の設計(その5)製品の問題形状と対策(2)

 【図1】に示すような形状例で、輪郭形状の一部に弱い部分があるものを外形抜き(ブランキング)すると、弱い部分のダイまたはパンチが破損して、金型の信頼性を維持することができません。 図1

 順送り加工では、このような問題に対する対応を容易に取ることができます。【図2】のストリップレイアウトで示すように弱い部分を穴抜きとし、その後に外形を抜きます。順送り加工では穴抜き、外形抜きというパターンはつきものですから、外形の一部分の加工を穴抜きに移したとしても大きな問題はないのです。
 ただし、このレイアウトでは外形形状の穴抜きで加工した部分と、ブランク抜きした部分でバリ方向が逆になることです。ブランキングタイプの加工方法では仕方ないことです。バリ方向を揃えたいときには、アウトカットタイプの加工方法を採用します。
 問題点もあります。【図2】でマッチングと示した部分です。穴抜きとブランキングが交差する部分では、1回で加工した形状に比べてきれいではなくなります。製品の目立つ部分や重要な部分にマッチングがくることは避けた方がよいでしょう。バリもでやすくなります。

図2

 マッチングのできる形状は【図3】の面取り形状と【図4】のR形状が代表的です。面取り形状では面取りラインを延長して抜き形状を作ることで対策できます。R形状では【図4】(b)に示すように形状に忠実にマッチング部分を作ると失敗します。【図4】(a)に示すようにR形状から30度位の接線を引き、後は、面取り形状と同じように抜き形状を作ります。完全なR形状にはなりませんが、バリの発生を少なくすることができます。

図3、図4



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る