エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年03月25日

カテゴリ : 金型設計

第207回 抜き落とし順送り金型の設計(その6)構造設計の最初

 繰り返しの話になりますが、プレス加工に用いる金型ではパンチ、ダイが重要な部品となります。
 順送り加工では【図1】に示すストリップレイアウトを作りますが、ストリップレイアウトには2つの意味があります。
 1つは「問題なく製品形状が加工でき、品質的にも問題ないように工夫され製品が加工できること」最も大事な部分です。
 もう1つは「金型構造設計が考えられていて、パンチ、ダイ等を配置したときに強度的に弱い部分が無いように工夫されていること」です。
 順送り金型でストリップレイアウトが決まれば、金型の60〜70%が完成したも同然と言われるのはこの辺にあります。
図1

 【図2】は、パンチとダイの関係をイメージしたものです。ストリップレイアウトを設計するときには、設計者はこのような金型イメージを頭に描きながら作業をしています。
 例えば、パンチは段付きにすべきか、そのとき、近接したパンチが干渉することはないか。ある場合には、対策をどうするかといったこと、サイドカットパンチのように片側しか切らないパンチのバックアップとして、バックアップヒールの大きさを考慮してパンチサイズを決めておく。
 ダイについては、一体式にすべきかインサート式にすべきかといった内容についても当然考えています。
 さらに、パイロットの配置やリフターといった内容にも配慮しておきます。
 基本となるパンチ、ダイの関係を決め、それに対して付属部品をどうするかを決めていきます。
 ストリップレイアウトは製品加工の方法を決めるだけのものではなく、金型構造設計をもイメージして作られていることを認識して下さい。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る