エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年08月12日

カテゴリ : 金型設計

第225回 プレス金型の設計 分断を利用した順送り金型の設計(その8) 材料のガイド:ストックガイドリフター(ガイドリフタ)

 前回は板ガイドについて解説しました。今回はピンガイドについて解説します。

 被加工材ガイドに使われているピンガイドは、被加工材ガイドとリフターの機能を兼ね備えることから、ストックガイドリフター(ガイドリフター)と呼びます。
 【図1】に示すように、被加工材幅に沿って溝のあるピンを配置します。溝の部分で被加工材をガイドします。同時にピンは上下方向にも動くことからリフターの働きもします。
 板ガイドと違い、被加工材との接触面積が小さいことから、滑らかな被加工材の動きを得ることができます。
 ガイドリフターの間隔は等間隔に配置します(左右が対称である必要はありません)。被加工材を押さえている部分が小さいことから、上下方向に波打ちざくつすることを防ぐためです。

図1

 ガイドリフターのストリッパプレート側の逃がしは、【図2】に示すような円筒のざぐり穴となります。ガイドリフタに偏心荷重がかからないようにするためです。ピンに偏心荷重がかかると、溝の部分の細いところから折れる危険があるからです。許される範囲の中から、太めのガイドリフターを使うことが安全です。

図2

 ストリッパプレートのざぐり穴の深さは【図3】に示すようにします。ストリッパプレートがダイ面に接したときに、ガイドリフタの溝は中にある被加工材が上下に隙間のあるように設計します。

図3

 前回の板ガイドと比較してみてください。ストリッパプレートの構造がシンプルになっていることが分かると思います。
 ストリッパプレートの逃がしが、被加工材のリフト量に関係なく一定にできることから、リフト量の大きな加工をする金型にも適用できます。
 欠点としては、被加工材幅が一定していないと使いずらいことです。両側キャリアのストリップレイアウトには適しますが、中央キャリアや片側キャリアのレイアウトには、使い方がむずかしい場合があることです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る