エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年08月19日

カテゴリ : 金型設計

第226回 プレス金型の設計 分断を利用した順送り金型の設計(その9) 材料ガイドとストリッパガイドとの関係

 精密加工用の金型は、ストリッパプレートの挙動を制御するためにストリッパガイドを入れ、コントロールするようにしています。
 ストリッパガイドの設置と材料ガイドの設計内容とには、意外な関係があることを今回は説明します。

 【図1】は、ストックガイドリフター(ガイドリフター)を使った設計の金型です。ガイドリフターの逃がしがシンプルなので、ストリッパガイドピンの設置も容易にできています。

図1

 それに対して【図2】に示す板ガイド方式の設計を採用した金型では、ストリッパガイドピンの設計に苦慮していることが伺えます。
 板ガイドにかからないようにするため、プレートの幅を広げています。それでも一部板ガイドにかかってしまうものもでます。このような場合、板ガイドにまで逃がしをつけ処置します(【図2】の左上のガイドピン)。

図2

 問題として残るのは、ストリッパプレートのブシュの入る穴の加工です。板ガイドの逃がしがあるために、ブッシュの入る穴の一部に段差ができることで、穴加工精度が悪くなる可能性があることです。
 材料ガイドの変化が、このような部分に影響があることの例として示しました。

 精密金型は、できるだけ小さくなるようにすることがよいとの考え方があります。
 送り方向に関しては、累積誤差の影響を考えてのことです。高速加工では質量を小さくすることで慣性を小さくし、下死点精度を高める(安定させる)ねらいが考えられます。

 ストリッパガイドは、ストリッパプレートの挙動を制御する目的や、動的精度を安定させる目的があり、材料ガイドは被加工材送りの安定を考慮して選択されます。両者のバランスがうまくいくと、信頼性のある金型とすることができます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る