エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年09月09日

カテゴリ : 曲げ加工

第229回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その2) 曲げ特性に対する配慮1

 曲げ加工では(【図1】参照)、曲げ線部分の割れが問題となります。バリ面と曲げとの関係から考えると、バリが曲げの内側となるようにすることが1つありますが、曲げ線と被加工材の圧延方向の関係に注意することも必要です。 図1

 【図2】のレイアウトは、金型の作りやすさを優先したものですが、曲げ線と被加工材の圧延方向が平行な関係となっています。この状態は曲げ部が最も弱くなります。曲げ半径が小さいときには危険なレイアウトとなる可能性があります。

図2

 【図3】は、曲げ部の強度を考慮したレイアウトです。曲げ線と被加工材の圧延方向の関係が直角の関係になっています。曲げ部が最も強い形になります。金型の作りは少し難しくなります。

図3

 以上の2つは、被加工材の圧延方向と曲げ部の関係を説明するためのものですが、実際の製品はもっと複雑でいろいろなところに曲げがあったりします。このような曲げ製品では、平行と直角の中間の関係、たとえば45度の角度で被加工材の圧延方向と曲げ線とすることで、複数個所の曲げ部の強度のバランスを取ることがあります。このようにすると、金型製作はさらに難しくなります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る