エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年09月16日

カテゴリ : 曲げ加工

第230回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その3) 被加工材の移動、製品の取り出し

 順送り加工では、材料送りとの関係から、ダイ上の被加工材を持ち上げて移動することを行います。この持ち上げる動作をリフトアップと呼びます。リフトアップは、できるだけ小さい方がプレス作業が安定します。

 【図1】のレイアウトは、左から右方向に被加工材が移動するレイアウトです。被加工材の移動方向と曲げ線が平行になるように設計されています。このようなレイアウトにすると、曲げられたフランジ部をダイに作られた溝の中を通すことで、リフトアップを小さくすることができます。加工後の製品の取り出しも比較的容易にできます。

図1

 【図2】のレイアウトは、被加工材の送り方向と直角の関係に曲げ線があります。このレイアウトでは、被加工材を移動させるためには、曲げ部のフランジ長さ以上に、被加工材をリフトアップさせて移動する必要があります。被加工材の上下動が大きく、被加工材の送りミスによるトラブルが起きやすい金型となることがあります。

図2

 前記の2つは曲げが下曲げのレイアウトでした。抜きバリを曲げの内側にするためのものです。【図3】は、この点を外して上曲げとしたものです。上曲げにすると、リフトアップの大きさは被加工材の圧延方向に平行、直角の曲げに関係なく、ダイ面より凸となる上曲げダイの高さががリフトアップの基準となります。曲げフランジ高さが大きい(大きすぎてもだめですが)ときにリフトアップ対策として、上曲げ方式を採用することもあります。

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る