エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年10月21日

カテゴリ : 曲げ加工

第234回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その7) 曲げにともなう寸法変化対策

 順送り加工では抜きと曲げが混在します。抜きを先行すると、曲げによって寸法がばらついてしまうことがあります。一般的には順送り加工では穴を抜き、外形を作り、その後に曲げるのが加工の流れです。
 このルールを鵜呑みにして曲げを含む製品の順送りレイアウトをすると、穴ピッチ公差が厳しい製品などでは、バラツキによって泣かされることがあります。【図1】に示すようなイメージです。穴を挟んで2個所以上の曲げがあるときには、穴ピッチ寸法のバラツキを考える必要があります。特に例図のようなZ曲げでは、曲げ部の伸びが変動するので、穴ピッチに影響が出ます。

図1

 このようなことが懸念されるときには、面倒でも【図2】に示すように、ブランク形状を作った後に、曲げを先行して、曲げによる変動を出してから穴を抜くことを検討します。金型が大きくなるとか、メンテナンスが面倒になるといった点もありますが、常に不良の心配をするよりはいいと思います。

図2

 分かりやすいので、曲げと穴との関係で説明しましたが、曲げと外形の関係もあるわけです。ブランクを決めずに変動が考えられる部分を大きくしておき、曲げ後に切るレイアウトも必要なときがあります。外形を曲げ後に切るレイアウトとなった場合には、切り落とされる部分のかす上がりにも気をつける必要が出てきます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る