エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年11月04日

カテゴリ : 曲げ加工

第236回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その9) U曲げの工程設計

 U形状は曲げの基本的な形状ですが、曲げ方法はいくつかあります。順送り加工でよく使われる押さえ曲げを前提にして、曲げ工程を説明します。

 【図1】は1回曲げです。この方法は曲げ半径が被加工材の板厚以下で、曲げ精度要求がそれほどでもないときに採用します。L曲げを左右同時に行う形であることが分かります。押さえ曲げで曲げるときには、ウエブ部分はフランジ方向に引かれる力が働きますが、U曲げではこの点については安定します。左右を曲げることで、ウエブ部分に曲げモーメントが働き、反りがでやすくなります。被加工材押さえ力の強化や曲げ下死点での底突きすることも検討します。

図1

 【図2】は曲げ位置にVノッチ等で凹形状の溝を付け曲げ位置を正確に出したいときの方法です。凹形状の深さは板厚の30%程度です。曲げ部の強度は弱くなります。曲げ線は被加工材の圧延方向と直角になるようにして、曲げ部強度低下に注意します。曲げ角度を安定させる目的であれば、曲げパンチに凸部を作っておき、曲げ下死点で溝を押し込む方法もあります。この方法では押し込む凸溝の深さは板厚の15%位までです。

図2

 【図3】は曲げ半径が小さいく、曲げ位置精度を高めたいときの方法です。1曲げでは、45度程度に曲げます。曲げ位置は製品の曲げ位置と同じ位置です。2曲げで製品形状に曲げます。

図3

 【図4】は曲げ半径が大きいときの曲げ方です。1曲げで45度程度に曲げますが、【図3】のときと曲げ位置が違います。製品の曲げ位置より前にだします。【図3】と【図4】を比較して、違いを確認して下さい。
 この方法では、単に曲げるだけでなく、曲げ部の外側を圧縮して、スプリングバックを押さえるようにします。

図4

 【図5】は曲げ角度を安定させる方法の一つです。ウエブを図に示すように反らせることで、スプリングバックを相殺して、曲げ角度を安定させる方法です。U曲げの特徴的な曲げ方法です。

図5



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る