エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年11月25日

カテゴリ : 曲げ加工

第239回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その12) U曲げ製品の順送り加工(2):ブランクレイアウト

 曲げ製品のブランク展開後の作業はブランクレイアウトです。

 その内容は、

1. 展開されたブランクをどのように配置するか。
2. ブランクとキャリアをどこでつなぐか。
3. ブリッジの大きさはどの程度とするか。
4. 破損しないパンチ、ダイの大きさの確保。
5. マッチングはどうするか。
6. パイロットはどうするか。

 といった内容に焦点を当てます。

 ここでは直列配列で両側にキャリアのある形とします(【図1】)。この形は順送り加工のレイアウトの基本的な形です。ブランクの保持が安定し、最初の材料幅がそのままなので材料幅のガイドがしやすく、安定しているからです。しかし、材料の無駄が多く材料歩留まりが悪いのが欠点です。
 キャリア部分にパイロット穴を配置します。このように製品とならない部分に作るパイロット穴を間接パイロットと呼びます。
 キャリアとブランクをつなぐ部分をブリッジと呼びます。この幅は大きく取る方が安定しますが、曲げ幅(A)との関係で決まります。

図1

 ブリッジは最終的には切り離されます。このレイアウトでは曲げのウエッブ部分の中央に取ってあります。切り離されたとき痕が残ります。バリもでやすくなります。その対策として、抜き形状を工夫します。【図2】、【図3】を参照してください。
 ブリッジとブランク輪郭で囲まれた形状が、この順送り加工で作る輪郭形状です。ここでは一つのパンチで加工するようにしてありますが、分割していくつかのパンチとすることもあります。
 順送り加工は自動加工を想定しています。加工途中で材料が曲がったり、座屈したりしないブランクレイアウトとなるように工夫します。

図2、図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る