エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年12月02日

カテゴリ : 曲げ加工

第240回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その13) U曲げ製品の順送り加工(3):ストリップレイアウト(1)

 【図1】は、直列配列のストリップレイアウトです。ストリップレイアウトでは順送り加工の推移を示すものです。「スケルトン図」と呼ぶこともあります。

図1

 最初に加工されるものはパイロット穴です。パイロット穴と一緒に加工することが可能であれば、製品穴も加工します。次のステージでパイロットを入れます。送り長さ(送りピッチ)を安定させるためです。
 その後に、ブランクを作るための加工をします。ブランクができたことで曲げが可能となります。バリ方向の指定がないときには、バリは曲げの内側とするのが通例ですからしますから、下曲げとしてあります。製品形状が完成したので、ブランクをつなぐブリッジ、キャリアをカットして、製品を完成させて型より取り出します。
 以上がストリップレイアウトを作るときの考えの流れです。

 この流れの中で、

1. 強度的に弱い部分ができないか。
2. .材料の位置決めはよいか(幅ガイド、リフターを含む)。
3. 製品の取り出しに問題はないか。
4. スクラップの処理に問題はないか。
5. 金型を作り安くする工夫をしてあるか。
6. 金型のメンテナンスをやりやすくする工夫をしてあるか。

 等に注意を払い決めていきます。

 このストリップレイアウトは材料の圧延方向と曲げの関係を重視し、製品の保持、材料送りの安定を優先させたストリップレイアウトといえます。その反面、多くの材料を使う結果となり、材料歩留まりは悪くなっています。
 また、加工された製品の取り出しも少し難しいレイアウトといえます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る