エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年12月09日

カテゴリ : 曲げ加工

第241回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その14) U曲げ製品の順送り加工(4):パンチ、パイロットの設計

 【図1】を参照してください。ストリップレイアウトに対応した、パンチとパイロットについて解説します。

図1

 このレイアウトでは抜きと下曲げがあります。可動ストリッパ構造を想定すると、ストリッパ面は下曲げのパンチに合わせることになります。
 曲げ加工はスプリングバック対策として、曲げの外側Rを圧縮する方法を採用しています。ノックアウトはストリッパと一体としてもよいのですが、底突きの関係から分離したノックアウトを採用しています。曲げに必要な条件を決めていくと寸法が決まります。

 (s)寸法がそうです。s寸法をダイ面からの寸法とすると、次のような形で全長(L1)が決まります。
 順送り加工で基準とすべきパンチは抜きのパンチです。ここでは穴抜きパンチがあります。
 まず、パンチ長さ(L)、パンチのダイへの入り込み深さ(x)を決めます。L-xは、ダイ面からパンチプレート背面まででの寸法です。この寸法はパンチの長さ(L)が変化しない限り一定です。
 したがって、L-x+s=L2となります。

 パイロットの設計ではストリッパの可動量が関係します。s寸法が可動量となります。図にはパイロット設計の代表的な形の「パイロット1」「パイロット2」を示しました。
 パイロット2は一般的な形といえますが、ストリッパの可動量(s)だけダイに入ります。パイロットと穴とのこすれ距離が長く、穴の変形や材料の吊り上げの原因となることがあります。
 パイロット1はストリッパ固定のパイロットです。sに関係なく材料との関係は一定となります。パイロットの使い方としてはよい形です。ただしストリッパプレートがインナーガイドで案内されていることが前提です。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る