エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2005年12月16日

カテゴリ : 曲げ加工

第242回 プレス金型の設計 曲げを含む順送り金型の設計(その15) U曲げ製品の順送り加工(5):材料ガイドと取り出しの設計

 【図1】を参照してください。ストリップレイアウトに対する材料ガイドの配置を示しています。

図1

 ガイドはリフターガイドを採用しています。ガイドはパイロット穴に近い位置に配置します。パイロットが穴に入るとき、抜けるとき材料の変形を押さえるためです。
 ガイドはできるだけ穴に近いのがよいのですが、平面図を見て、ガイドの一番外側の破線は、ダイセットに配置されるスクリュープラグです。この部分が穴抜きのかす落とし穴と干渉しないように注意します。
 リフターガイドは材料のスタート位置では、少し多く、その後は等間隔にします。
 材料のリフト量(H2)は、下曲げフランジ高さ(H1)との関係で決まります。

 この曲げ方式は、被加工材の圧延方向と曲げ線の関係はよいのですが、リフト量が多くなるのが欠点です。もう一つの問題が製品の取り出しです。
 キャリアから切り離された製品は、フランジがダイ内に沈み込んだ形となっており、取り出しが面倒です。【図2】に示すレイアウトでは、両側のキャリアを同時にカットしています。この形だと、ダイに残された製品は一度持ち上げてから排出する必要がでます。持ち上げるのが難しいです。
 そこで、【図1】のようにキャリアを片側ずつカットすることで、後のカット(カット2)を行うと、製品は矢印の方向に滑り落とすことが可能になります。金型は少し大きくなりますが不安は解消します。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る